タバコでニキビが悪化する?!

タバコでニキビが悪化する?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

大人二キビ

 

 

「タバコを止めたら肌がキレイになった!」という話をよく聞きますが、実際、タバコは肌に悪いのでしょうか?

 

 

ここではその仕組みをみていきたいと思います。

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

 

 

 

【タバコが体に与える影響】

 

 

タバコの三大有害物質といわれている、ニコチン、タール、一酸化炭素。

 

 

血液の中にある赤血球は酸素を取り込む性質があるのですが、タバコの煙に含まれる一酸化炭素は酸素よりも先に赤血球と結合してしまいます。

 

 

これにより、血液は酸素が足りなくなり、どんどんドロドロになっていきます。

 

 

また、ニコチンは血管を収縮する作用があり、細くなった血管にドロドロの血液が流れるので、細胞の隅々まで栄養を運ぶことができなくなります。

 

 

血行が悪くなると肌の色が悪くなるだけでなく、新しい細胞が生成されなくなります。

 

 

 

細胞の生成がストップすると、肌のターンオーバーが正常に働かず、くすみ、ごわつきから、吹き出物や二キビなどのトラブルに発展するケースが多くなります。

 

 

さらに、ニコチン、タールなどは有害な物質として呼ばれ、火をつけたタバコからは4000種類以上の化学物質が発生するといわれています。

 

 

その内の約200種類の化学物質が、身体にとって良くないものだといわれ、これらの有害物質が身体に入ると、それをやっつけようと活性酸素が発生します。

 

 

そして、活性酸素が体内の細胞にはりつくと、細胞は酸化していき徐々に傷ついていきます。

 

 

すると、コラーゲンが生成作られなくなり、ハリやたるみ、シワを促進させ、ニキビも治りにくくなり、どんどん悪化してしまいます。

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加