生理前ニキビを予防するなら!

生理前にニキビができるのはなぜ?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

大人二キビ

 

 

「生理前になるとブツブツとしたニキビができる」という人も多いと思います。

 

 

ここでは生理前にニキビができるメカニズムと予防・改善方法を見ていきましょう。

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

生理前になぜニキビができるの?

 

大人二キビ

 

 

生理は卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌によるもの。

 

 

生理前は黄体ホルモンの分泌量が増えてむくみや肌あれ、頭痛、肩こりなど、様々な身体の不調が表れやすくなるのですが、ニキビもその1つ。

 

 

黄体ホルモンは皮脂の分泌も盛んにするので、一時的に多く分泌された皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができやすくなります。

 

 

大体、生理の2週間ぐらい前になると、黄体ホルモンの影響が出始め肌の水分量が失われ乾燥が進みます。

 

 

乾燥すると肌の角質が厚くなるので毛穴が詰まりやすくなり、生理が始まるころには皮脂量も増えるので、ニキビが急に悪化することもあります。

 

 

そして、生理が始まると黄体ホルモンに変わり卵胞ホルモンが増え始めます。

 

 

卵胞ホルモンは肌の新陳代謝を高めてくれるので、生理が始まってから2週間は卵胞ホルモンによって肌の調子がよくなります。

 

 

そして、その後の生理までの2週間はまた黄体ホルモンの影響が強くなり、肌乾燥やニキビのトラブルが多くなります。

 

 

スポンサードリンク

 

生理前ニキビの予防と改善方法

 

大人二キビ

 

 

 

生理前のニキビに悩まされているのであれば、この周期に合わせて次の様に化粧品や生活スタイルを見直してみるといいかもしれません

 

 

・ 油分の多い食事を控え、バランスのよい食事を摂る

 

・ できるだけストレスを溜めない

 

・ 皮脂を抑えるスキンケアを心がける

 

 

スキンケアに関しては、時期に皮脂を抑えるピーリングケアを行うと、より高い効果が期待できるといわれています。

 

 

また、生理中のスキンケアに関しては、肌が敏感になっているので肌に負担をかけないニキビ専用の洗顔や化粧品に変えてあげましょう。

 

 

>>92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れにラ・ミューテ美肌セット


 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加