産前産後の二キビなら!

産前産後の二キビを治そう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

大人二キビ

 

 

産前・産後に二キビができてしまった!

 

 

そんな人も多いと思います。

 

 

ここでは、産前産後の二キビの原因と改善ポイントを見ていきましょう。

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

産前・産後の二キビの原因は?

 

大人二キビ

 

 

妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンの分泌が活発になります。

 

 

このうち、プロゲステロンには皮脂の分泌を促す作用があるため、妊娠初期はニキビができやすくなるといわれています。

 

 

また、産後はこれらの女性ホルモンが急激に減って、ホルモンバランスが乱れた状態がしばらく続き、ニキビや肌荒れが起きやすくなります。

 

 

さらに、産後は赤ちゃんの育児で忙しくなるので、睡眠不足やストレスが溜まり、肌のターンオーバーが乱れやすくなります。

 

 

こうなると、古い角質が残ったり、バリア機能が低下したりして、大人ニキビができやすくなってしまいます。

 

 

スポンサードリンク

改善ポイントは?

 

大人二キビ

 

 

改善ポイントは2つ。

 

 

 

 

1.しっかり栄養を摂って寝る

 

 

忙しいと陥りがちなのですが、栄養バランスの乱れもニキビの原因になります。

 

 

肌の調子を整えるビタミンやミネラル、便秘の原因となる食物繊維が不足すると新陳代謝も乱れてくるので、できるだけバランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

また、睡眠不足になると肌の生まれ変わりのリズムが乱れ、ニキビができやすくなるので、赤ちゃんが寝ているときはママもできるだけ睡眠をとるようにしましょう。

 

 

 

 

2.スキンケアの見直し

 

 

妊娠、出産で変化した肌のトラブルは、ちょっとしたケアを見直すだけで改善する可能性が高いといわれています。

 

 

あれこれとつけ過ぎると、かえって症状が悪化する場合もあるので、洗顔や保湿をシンプルで刺激のないものにしてあげることが大切。

 

メイク落としや洗顔料は、皮脂や汚れはしっかり落としながらも、潤いを守るものを選びんで、ゴシゴシこすらずに優しく汚れを落とすようにしましょう。

 

 

乾燥させると皮脂の分泌が増えて毛穴が詰まってしまうので、洗顔後はしっかり保湿することも大事になります。

 

 

ただ、お風呂上がりには赤ちゃんを拭いたり、おむつや服を着せたりで、自分のスキンケアにまでなかなか手が回らないですよね?

 

 

そんな時は短時間でケアできるオールインワンタイプの化粧品を活用してみてください。

 

 

5秒あればスキンケアが完了しちゃいますし、スキンケアにかける時間をティータイムにまわせますよ♪

 

 

>>ニキビの後はこれ1本で!オールインワンの薬用美容液でケア

 

パルクレール美容液

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加