大人二キビについて

大人ニキビ vs 思春期ニキビ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

大人二キビ

 

 

「大人になってからできたニキビって治りにくい。。(T T)」

 

 

そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか?

 

 

でも、若い時のニキビと今のニキビはどう違うのでしょうか?

 

 

10代~20代に見られる思春期ニキビは成長期の過剰な皮脂分泌が主な原因だといわれています。

 

 

そして、思春期ニキビは大量の皮脂によって毛穴が詰まりアクネ菌が繁殖菌が増えることで悪化していきます。

 

 

一方、大人ニキビは不規則な食生活や寝不足、飲酒やタバコ、ストレス、メイク、ホルモンの不安定etc.が複雑に絡み合ってできるといわれています。

 

 

年齢による代謝不足や不規則な生活習慣からくる肌のターンオーバーの乱れも大きな原因になっていて、古い角質が溜まり角質が厚くなって毛穴が詰まりやすくなることによって繰り返しニキビができるようになります。

 

 

また、Uゾーン(男性でいう髭の生える場所)にできやすいのも特徴で男性ホルモンの増加も原因の一つだといわれています。

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

大人ニキビのメカニズムと仕組みについて

 

大人二キビ

 

 

大人の場合、仕事や人間関係のストレスや、残業や付き合いで乱れてしまう生活習慣、年齢とともに変化するホルモンバランスや、毎日欠かさずにしているお化粧などが複雑に交じり合って肌に影響を与えます。

 

 

そしてこれが「古い角質の蓄積」や「肌の乾燥」を招いて次のように大人ニキビを引き起こします。

 

 

生活習慣・ホルモンバランスの乱れ・ストレス・メイクの残骸等

 

 

皮脂分泌や代謝が乱れる

 

 

ターンオーバーが遅くなる

 

 

古い角質が毛穴を塞ぎぐ

 

 

角栓(コメド)ができる

 

 

大人ニキビが発生

 

 

ターンオーバーの低下によって肌が乾燥しやすくなると、毛穴を塞いでいる角質が厚くなり、毛穴内でアクネ菌が増殖して強力な根っこを持つ大人ニキビを作ってしまいます。

 

 

ちなみに、大人二キビの初期段階には毛穴が塞がって白く盛り上がった「白ニキビ」に加え、毛穴が開き皮脂が酸化した「黒二キビ」も多く見られます。

 

 

こういった頑固なニキビは1度のケアでは治らないことが多いので、急がば回れで早く治すために最低1ヶ月の継続したケアが必要となってきます。

 

 

スポンサードリンク  

大人ニキビを治すカギは?

 

大人二キビ

 

 

 

顎・フェイスラインなどのUゾーンや首筋にできることが多い「大人ニキビ」を治す鍵は次の2つだといわれています。

 

 

★ 肌の皮脂+水分のバランスを整えること

 

★ 生活習慣や食生活を改善すること(代謝やホルモンバランスを整えること)

 

 

内側と外側、両方からのアプローチしていく必要があるのですが、逆にここがケアできていれば大人ニキビを防ぐことができると言えますよね!

 

 

油分と水分のバランスについては、専門のスキンケアアイテムを使うと効率よくケアできます。

 

 

ニキビケアは値段が安くはありませんが、値段で選んで効果がなかったら意味がないですよね?

 

 

時間とお金を無駄にしないためにもちゃんとしたものを使ったほうがいいですし、病院での治療等を考えたら実はコスパが良かったりします。

 

 

きれいな肌を手に入れることで自信がでますし、メイクやおしゃれを楽しめるようになるのできちんとした化粧品で早めにケアしていきましょう♪

 

 

>>92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れにラ・ミューテ美肌セット


 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加