二キビ薬の種類と効果

一般的な二キビ薬は?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

大人二キビ

 

 

ここでは皮膚科でニキビの治療に用いらる薬と、一般的に市販されているニキビ薬についてみていきましょう。

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

 

 

 

【皮膚科で処方されるニキビ薬】

 

 

 

・ 抗生物質(ゲンタンシンなど)

 

 

殺菌作用のある抗生物質を塗ることで、炎症の原因となっているアクネ菌を殺菌し、炎症を緩和します。

 

 

ただ、抗生物質は炎症に作用するものなので、二キビそのものを治したり、肌質を改善したりすることはなく根本的な治療にはなりません。

 

 

 

 

・ リンデロン

 

 

炎症を抑えるためのステロイド「ベタメタゾン」と、抗生物質の「ゲンタマイシン」を配合した薬。

 

 

ニキビの炎症を抑えることはできますが、同時に肌の免疫力も落としてしまいます。

 

 

抗生物質のゲンタマイシンと一緒に使うことで、細菌による感染から肌を守ってくれます。

 

 

 

 

・ レチノイド製剤(ディフィリンゲル)

 

 

2008年に認可された、比較的新しいニキビ治療薬。

 

 

毛穴が収縮するのを防ぐので、毛穴のつまりが起こりにくくなり、ニキビの発生を抑えることができます。

 

 

ただ、発赤やかゆみなどの副作用も報告されているので使用には注意が必要です。

 

 

 

 

・ サリチル酸製剤

 

 

角質を柔らかくし、毛穴詰まりの原因となる角質の発生を予防できるといわれています。

 

 

ただ、こちらも、発赤やほてり感、かゆみなど皮膚に刺激をもたらす副作用が出ているので注意が必要です。

 

 

 

 

・ 漢方製剤

 

 

効果はゆっくりめですが、副作用が少ないなどのメリットもあります。

 

 

赤い炎症を抑える清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)、膿を持ったニキビの治癒を助ける十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)などがあります。

 

 

 

 

また、市販の薬は次の通りです。

 

 

【塗り薬】 

 

 

 

・ オロナイン

 

 

一番知られている二キビ軟膏です。

 

 

独特の香りと色が特徴的ですが、オイリー肌の人の中にはニキビが悪化した人もいるようなので、肌タイプを確認してから使う必要がありそうです。

 

 

 

 

・ ニベア

 

 

こちらも市販のスキンケアとして有名ですよね?

 

 

肌を潤してターンオーバーを促進するという意味ではいいかもしれません。

 

 

ただ、余分な皮脂やアクネ菌を取り除くことはできないので根本的には解決できないかもしれません。

 

 

 

 

・ オバジ

 

 

ピュアビタミンCを高濃度配合した美容液で、高濃度のビタミンCが肌再生をサポートし、肌の入れ替えをスムーズにしてくれます。

 

 

抗酸化作用もあるので、肌そのものも強くしてくれます。

 

 



 

 

 

 

・ バイオイル

 

 

海外で傷跡や妊娠線ケアに用いられることの多いバイオイル。

 

 

独特の香りがあるので好き嫌いがハッキリしています。

 

 

伸びは良く、浸透力もあるのですが、皮脂タイプの肌だとニキビが増えてしまう可能性も。

 

 

 

 

・ テラコートリル

 

 

炎症を抑えてくれるヒドロコルチゾン(副腎皮質ステロイド)と抗生物質が配合されている市販の塗り薬。

 

 

症状が悪化するのを防ぎながら、炎症を鎮めてくれます。

 

 

化膿した皮膚炎や湿疹にも良いといわれ、二キビ以外にも使えます。

 

 

 

 

・ ベビーパウダー

 

 

オイリー肌や敏感肌に使えるのがこれ。

 

 

最近では、殺菌作用のあるものや、潤いをしっかり保ってくれるパウダーもあり、想像以上に保湿ができます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

【消毒液】

 

 

 

・ オキシドール

 

 

殺菌をしてくれる点では良いのですが、刺激が強く保湿効果がないため、肌の乾燥を酷くしてしまいます。

 

 

また、乾燥の為に皮脂が過剰分泌されるので、むしろニキビを作り出す環境を作ってしまう可能性が大。

 

 

 

 

【洗顔】

 

 

 

・ マジックソープ

 

 

アメリカの子供達がキャンプに行くときに必ずもっていくのがこのソープ。

 

 

オーガニックハーブ成分で作られていて、肌に優しく安全に使えます。

 

 

しっかり泡立てて使えば、小さな毛穴の皮脂や汚れもキレイに落ちます。

 

 

 

 

 

 

・ クレアラシル

 

 

治療クリームや洗顔フォーム、化粧水など様々な製品を扱うクレアラシル。

 

 

アクネ菌をしっかり殺菌し、ニキビの炎症・赤みを抑え、ニキビを防ぐ効果が期待されています。

 

 

ニキビが良くなったという一方で、肌荒れや赤みが出てきたという人もいるようなので、パッチテストなどを行ってから使うといいでしょう。。

 

 

 

・ パワーマスク

 

 

ラッシュの『パワーマスク』もニキビに効果があるという噂があります。

 

 

プリムローズシードやアズキなどの天然成分からできていて、刺激がなく古い角質を取り除いてくれます。

 

 

 

 

 

 

【化粧品】

 

 

 

・ 富士フィルム(ルナメア)

 

 

独自のナノマージ技術によってナノ化された成分が、毛穴の油分に混じりニキビの原因となる脱水毛穴に働きかけてくれます。

 

 

有効成分と潤いを同時に届けてくれるのでニキビの改善と予防が一気にできます。

 

 

>>ルナメアAC

 

ルナメアAC

 

 

 

 

【サプリ】

 

 

 

・ チョコラbb

 

 

エーザイ株式会社から出ているビタミンB配合のビタミン剤。

 

 

活性型ビタミンB2、B6が皮脂の過剰分泌を抑制し、内側からニキビをケアしてくれます。

 

 

 

 

 

 

・ プロティン

 

 

ビタミンCやビタミンB2、B6を含んでいるものについてはニキビが良くなったという人もいるようです。

 

 

バランスのとれたものであれば、他のサプリ同様の効果をもたらしてくれるものもあるようです。

 

 

 

 

ここまで色々なニキビ薬をみてきましたが、ご自身の目的に合わせて使ってみてくださいね☆

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加