頬のニキビを治すには?!

大人のほっぺたニキビ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

ほっぺた,二キビ

 

 

顔全体が赤みを帯びてかゆい大人のほっぺたニキビ。

 

 

しかも、固くなかなか消えないんですよね(T T)

 

 

目立つ場所にあるのでメイクを厚塗りしてかくしがちですが、この対処法は一時的でしかありません。

 

 

化粧ノリも悪くなりますし、放っておくとあごやおでこ、こめかみにまで広がってしまうので早めの対処が必要です。

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

頬ニキビの原因は?

 

大人二キビ

 

 

思春期ニキビの場合、過剰な皮脂分泌がニキビの原因だと考えられますが、大人ニキビはいくつかの要因が絡まってできると言われています。

 

 

 

 

・ 食べ物の偏り

 

 

糖分や脂肪分、肉類の取り過ぎは胃に負担をかけます。

 

 

胃液が減少し、胃が虚弱することでニキビができやすくなります。

 

 

 

 

・ 肝機能の低下

 

 

お酒を飲むと肝臓がフル稼働するのですが、これが頻繁に起こると肝臓に負担がかかり機能が低下していきます。

 

 

これによりニキビができやすくなり、肝臓の状態はダイレクトに頬に現れることになります。

 

 

 

 

・ ストレス

 

 

ストレスにより脳の機能が上手く働かなくなり、女性ホルモンの分泌が低下する事があります。

 

 

こうなると肌が乾燥し、ニキビができやすくなります。

 

 

 

 

・ 清潔でない寝具の使用

 

 

うつ伏せや横向きで寝る癖のある人は要注意。

 

 

寝具が汚れていると毛穴が詰まり皮膚内でアクネ菌が増え、ニキビになりやすくなります。

 

 

 

 

・ メイクの洗い残し

 

 

特に頬骨の下の方にニキビができる人はこの可能性が高いです。

 

 

メイクが残っていると毛穴が塞がれ、肌のターンオーバーも上手くいかないのでここにニキビができやすくなります。

 

 

 

 

・ 肌の乾燥

 

 

空気の乾燥や過度の紫外線、ストレスやホルモンバランスの乱れによって肌が乾燥すると、肌を潤そうと皮脂が大量に出されるようになり、毛穴が詰まりやすくなります。

 

 

毛穴が詰まると、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすくなってニキビができやすくなってしまいます。

 

 

 

 

・ ホルモンバランスの乱れ

 

 

生理前になると黄体ホルモンの分泌が増えるのですが、この黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きをします。

 

 

黄体ホルモンは男性ホルモン同様、皮脂の分泌を増加させるので、毛穴が詰まりニキビができやすくなります。

 

 

スポンサードリンク

ほっぺニキビの治し方

 

大人二キビ

 

 

 

色んな原因が複雑に絡まってできるほっぺニキビですが、次の様な方法でニキビの原因を取り除いて改善していくことができます。

 

 

・お酒を控える

 

・バランスのとれた食事を摂る

 

・ストレスを適度に解消する

 

・寝具を清潔に保つ

 

・メイクをきっちり落とす

 

・肌の乾燥を防ぐ

 

・ホルモンバランスを整える

 

 

これらに気をつけながら生活していくことで、ほっぺのニキビを改善していくことができますが、肌の乾燥予防とホルモンバランスのコントロールについては外からのサポートが必要になります。

 

 

そして、ホルモンバランスを整え、しっかりと保湿するという点では「ラ・ミューテ」が役に立ちます。

 

 

ニキビ

 

 

ラ・ミューテはニキビ専用基礎化粧品なのですが、無農薬有機栽培の天然ダマスクスローズウォーターを100%使用していて、嗅覚に働きかけてホルモンバランスを整えてくれます。

 

 

また、ニキビの改善に必要なヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド・スクワランなどの潤い成分がたっぷり含まれていて、ニキビのできにくい肌へと導いてくれます。

 

 

既にニキビができている場合も、潤い成分のお陰で肌のターンオーバーが整い改善が早いですし、透明感も増すのでニキビ前よりもキレイな肌になります。

 

 

ほっぺがツルツルになると、お化粧も楽しくなりますし自信も出てきますよ♪

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加