ケミカルピーリングの効果は?

ニキビ跡とケミカルピーリング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

大人二キビ

 

 

「ケミカルピーリングが二キビ跡に良い」という話は聞きますが、実際はどのように改善してくれるのでしょうか?

 

 

ここでは、ケミカルピーリングの成分や作用、効果、メリット・デメリットなどについてみていきましょう。

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

 

ピーリングに使われる成分と作用

 

大人二キビ

 

 

一般的に、ケミカルピーリングにはグリコール酸などのフルーツ酸(AHA)やサリチル酸マクロゴール(BHA)などが使われます。

 

 

また、場合によってはトリクロロ酢酸という強い薬品が使われることもあります。

 

 

いずれも医療機関でのみ取り扱いが許可された高濃度の化学薬品で、高いピーリング効果が期待できるといわれています。

 

 

施術はというと、肌の表面に均一に酸性の薬剤を塗って、古い角質や毛穴に詰まった汚れを化学的に溶かして除去していきます。

 

(強い薬剤をピンポイントで滴下して使用する場合もあるそうです)

 

 

そして、酸性の薬剤を中和した後は、クーリングを行って肌を良よく冷却します。

 

 

これを、2~4週間ごとに複数回繰り返し行っていきます。

 

 

ミカルピーリングの効果は?

 

 

大人二キビ

 

 

ピーリングにより古い角質が除去され、肌の表皮が生まれ変わりがスムーズになるので、ニキビ跡の赤みや色素沈着が目立たなくなるといわれています。

 

 

また、ピーリングによる刺激によりニキビ跡周辺の真皮にあるコラーゲンの生成が活発になるため、浅いクレーター状のニキビ跡にも有効だといわれています。

メリットとデメリット

 

大人二キビ

 

 

ケミカルピーリングのメリットはなんといっても手軽に二キビ跡の治療ができること。

 

 

施術によってできたかさぶたが治るのを待つなどの必要がないので、負担を最小限に抑えて定期的な治療を受けることができます。

 

※ただし、強い薬剤を使った場合は深いかさぶたになったり、剥がれた後も数週間赤くなることもあるそうです

 

 

デメリットは、1回のピーリングで改善することは難しく、個人差はありますが通常は2~4週間の間隔で5~6回ぐらいを目安に通院することになり、長期的な治療が必要となります。

 

 

ただ、時間がかかってもいいからニキビ跡をしっかり治したいという人には良いでしょう。

 

 

>>ラ・パルレの『ニキビ内外コース』

 

 

 

↓顎・鼻・口周りのニキビにサヨナラしたい人はこちら↓ ニキビケア

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加